2011年12月12日

旅日記2 日田 小鹿田焼

大分日田へ
コンサート翌日、落合さんと一緒に大分は日田の小鹿田焼の里へ。
IMG_2839.jpg IMG_2841.jpg日田で友達のヤマちゃん&息子みのさんと合流して小鹿田焼の村到着。
以前スマンというバンドのコンサートで大分に行った際に初めて訪れた小鹿田焼の里。
土をつくる水車仕掛けの杵の音がなんとも素晴らしくて、陶器が素晴らしくて、
もーう私猛烈に好きな陶芸の里で、ココに行くのを心待ちにしていました。
本当に心がからっぽになれる場所で、
あまりの感動と興奮と旅の疲れも相まって、
着いたとたんにたぶん私熱出してました。
頭痛とめまいでどうにかなってました。ちびっこみたいな自分にびっくり。
この日は小鹿田村のどこかの窯元さんの方の結婚式で村中の人が出席するとの事で
殆どの窯元が午後3時で店じまいしてしまいました。正直陶器の買い漁りが防げて助かりました。
だってここで買いまくったらお金もなくなるし旅長いのに荷物やらどうすっぺという感じで、。
思いの外早くに小鹿田を去る事になり、ついでに大分の有機野菜など作っていると噂をきく里まで
足をのばしました。(というか落合さんにつれていってもらいました)
途中に案山子フェアみたいな看板があって、どんなだろと、少し気になりつつ大分ドライブ。
小さな商店に有機の野菜や郷土のもの売っていて、
鱧(ハモ)の刺身が336円、ブリ刺身も336円、夕方セールで半額ゲット。
ハモの刺身初体験ー!俄然テンション上がります。
夜、日田に移住したヤマちゃんちで
ヤマちゃんの作る肉じゃが、ハモ&ブリ刺身、なめこおろし、器は小鹿田焼、それに日田の焼酎、
という超豪華で且つ暖かい夕餉。
IMG_2851.jpg
夕飯の前に発熱したのが下り坂になり猛烈どっかり汗をかいて身体回復に。
ヤマちゃんとみのると久々に会えて嬉しくて一杯二杯と焼酎かたむけつつ
気がつけば夜中の3時までずーーっと喋りたおしてました。
posted by うめぼし星人 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/240107244
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。